第九話 撮影前のお打ち合わせの意味合い

  • ムービー制作
  • 2019.08.20

こんにちは。
株式会社ポイントゼロのクボです。

前回は映像のクオリティーについてお話しさせて頂きましたが、
美味しい料理には「食材の鮮度」が欠かせないように、
より良い映像を創るには「上質な素材」が欠かせません。
映像にとっての上質な素材を得る方法は様々ありますが、
ウェティングビデオカメラマンがより良い上質な素材を用意するために欠かせない、
【撮影前のお打ち合わせ】についてお話していきます。

撮影前のお打ち合わせについて

cEEでは必ずお客様とお打ち合わせをさせていただいております。
お顔合わせの意味合いもありますが、一番大きな理由としては
「おふたりを知る」ことにあります。
「おふたりが大切にしていること」をお聞きすることはもちろん、
おふたりの奥底にある言語化されていない、大切な想いを感じ取る。
そのためには、お打ち合わせが欠かせません。

例えば以前お話ししましたプロフィールムービー
これまで別々の道を歩んできた、おふたりのプロフィールをまとめた映像になりますが
お互いのことを語っていただくパターンもあれば、
ご家族やご友人、場合にはよっては同僚の方からインタビューを行う場合がございます。
どこまで掘り下げていくのか、どこまで映像内で表現されたいのか、
おふたりが考えているプロフィールムービーの質によって異なるためです。

「誰に」「どういった部分を」「どこまで」お聞きするのか。
明確にできないと、プロフィールムービーを創ることはできません。
オムライスを作りたくて頑張っても玉子が無いと出来ないように、
「編集」を沢山頑張っても「素材」が足りないのです。
どれだけの素材が必要なのかを知り、その必要な素材を撮影で得るためには、
「誰に」「どういった部分を」「どこまで」お聞きすれば良いのか
「お客様を知る」ことが絶対に欠かせないのです。

生まれ、育って、出会って
https://www.cee.point-zero.jp/movie/umare-sodatte-deatte

オープニングムービーエンディングムービーでも同じようなことが言えます。

オープニングムービーは会場全体を盛り上げる演出要素が大きい映像のため、
どういうパーティーをイメージされているのか、どう盛り上げたいのかで
お創りするオープニングムービーの形が出来上がってきます。

また、エンディングムービーは当日起こる様々なシーンの中から、
どの表情を、どのように繋いで、どう曲に乗せて、おふたりだけのストーリーを創る映像ですが
お打ち合わせ時にお聞きしたこと、感じたことを当日の撮影や編集に落とし込んで
取り組むことで、より良い映像をお届けできると考えています。

お打ち合わせがあるからこそ、特別な映像を創ることができる

おふたりの映像は私たちだけでは創れません。
おふたりのお気持ちがあって初めて「おふたりだけでの映像」が生まれてきます。
私たちは短い期間ではありますが、一緒にお創りさせていだければと考えています。
お打ち合わせ時には、どんな小さなことでも構いません。
おふたりのお考え、想いをお聞かせください。一緒に創っていきましょう。

今回もお読みいただきありがとうございました!
また次回もどうぞ宜しくお願いします。