第三話 エンドロールムービーについて

  • ムービー製作
  • 2019.07.09

こんにちは。
東京での生活がそろそろ半年になり、結構東京都民になってきました、
株式会社ポイントゼロのクボです。

さて前回は「ウェティングビデオグラファー」についてお話ししましたが
今回からは私たちが創っている結婚式では
欠かせない映像についてお話ししていきたいと思います。

皆さんはこれまで参加した結婚式でどのような映像が使われていたか覚えていますか?
基本的に結婚式で使用される映像は大きく3種類あります。

・オープニングムービー
・プロフィールムービー
・エンドロールムービー

そして今回はエンドロールムービーについてお話ししたいと思います。

エンドロールムービーとは

エンドロールムービーは最近結婚式の定番映像になっていて、
披露宴の最後に参加してくれたご親族やご友人、同僚の方々のお名前や
感謝のお気持ちを映像内に載せてラストを感動的に締めくくります。
(私は毎回観るたびに涙が出てきます……。自分で編集した映像でも涙が出てきます……。)

エンドロールムービーには大きく

・撮って出しタイプ・・・結婚式当日の様子をカメラマンが動画撮影してその場で編集
・写真タイプ・・・自分が持っている写真を使用して事前に制作する

の2種類ありますが、お勧めするのは断然「撮って出しタイプ」です。

結婚式当日には様々な、おふたりでも予期していなかったようなドラマが起こります。
頑固でいつも厳しかった父が流す涙、いつも支えてくれた母の満面の笑み、
友人達がとても楽しそうにしている姿……。
その時にしか起こらない、そして観ることができないドラマ1つ1つを
曲に乗せて当日観ることができるのは撮って出しタイプだけです。

また当日撮影して編集するという作業は本当に時間との勝負です。
ただ繋いでいくだけではなく、様々なシーンの中から、
どのシーンを、どの表情を、どのように繋いで、どう曲に乗せて、
想いを映像内に表現するか。

おふたりだけのストーリーを創るには判断力・対応力・想像力が必要で、
技術のある経験豊富なウェディングビデオグラファーにしかできない、本当に特別な映像です。
(エンドロールムービーの知られざる製作裏は今後発信予定です)

しかし、なぜこのエンドロールムービーが結婚式の映像に使われるようになったのか?
ちょっと調べてみました。

なぜエンドロールムービーが使われるようになったのか

映画のラストで必ずと言っていいほど見かける、
出演者やスタッフ、企業名が下から上にスルスル~と流れる映像。
あれがエンドロールです。

アメリカでは製作時に関わった全ての人たちが映画の著作権利を持つことができるのですが、
映画業界の発展に伴い、様々なスタッフや企業が製作に関わるようになってきて、
また映画界のスタジオとユニオン(組合)の関係上、しっかり表記する必要が出てきたため
映画のラストに流れるようになったのが始まりのようです。

今では関係者・関係企業を表記するだけではなく、
映画の余韻を感じさせる1つの演出にもなっており、
たまに映像が終わったあとでサプライズ映像があったりもします。
私はいつも製作関係者の中に
「もしかしたら知り合いがいるのでは?!」
と探してみますが一度も見かけたことがありません……。

また様々な呼び方があるようです。

・クレジットタイトル (credit title)
・スタッフロール (staff roll)
・エンディングロール (ending roll)
・エンドクレジット (end credit)

などなど……。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

結論:エンドロールムービーとはゲストと共に創る共同作品

結婚式の映像に使われるようになった時期までは調べることができませんでしたが、
親族、友人、同僚達への感謝の気持ちを伝えるだけではなく、

【「結婚式」という一つの作品を一緒に作り上げた】

という意味合いも含まれているのではないでしょうか。

おふたりだけでは創ることができない、
参加してくれたゲストがいたからこそ、より最高の結婚式となります。
その最高の結婚式の締めくくりとしてエンドロールムービーを選んで貰えたら
ウェディングビデオグラファーとしてとても嬉しく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次回は「オープニングムービー・プロフィールムービー」についてお話したいと思います。

ではでは、クボでした。